哲学


製品哲学

現代おいてはすべての製品はけっきょく遊びである。

役に立つツールも、スリルと遊びがないといけない。



特にデザインがからむものはそうである。

ブログは暇つぶしである。